工業用水 ~ 神奈川県横浜市


神奈川県横浜市

神奈川県横浜市(水道局:工業用水)
 
「工業用水」と大きく書かれた蓋。中央に「Y.W.W.」の文字が入るが、これは横浜市水道局(Yokohama Waterworks Bureau)を意味している。下部に「S.V.」とも書かれている。他に、「A.V.」、「B.V.」、「D.V.」と書かれたものもあった。
 
 
追記(2011/01/21: なんとなくまとめ)

A.V.
Air Valve: 空気弁/排気弁
フロートが上下することによって弁が開閉し、管に溜まった空気が自動的に抜ける仕組みの弁。
B.V.
Butterfly Valve: バタフライ弁/バタフライ仕切弁
バルブシャフトを軸として、羽根を回転させるることで流路を制御する仕組みの弁。
D.V.
Drain Valve: 排水弁/排水栓/排泥弁/泥吐弁
余分の水を排除するため、或いは水と一緒に管内の異物(泥)を取り出すための弁。
S.V.
Slide Valve: 仕切弁
仕切扉で管を遮断して水を止める仕組みの弁。ソフトシール仕切弁(Soft Seal Slide Valve)や止水栓(Stop Valve)の可能性も。

R.V.
Reducing Valve: 減圧弁
圧力を調整して一定の圧力を供給する目的の弁。「R.V.」と表記された蓋は見かけたことがないが、横浜市内に「減圧弁」と書かれた蓋はあるようなので、存在するかもしれない。

 
 
 

神奈川県横浜市

こちらも「工業用水」と書かれた別デザインの蓋。こちらのほうが新しいデザインのようだ。受け枠に「YOKOHAMA KOUSUI」の文字も入る。
 
 
 

神奈川県横浜市

同じく「工業用水」と書かれた四角い蓋。
 
 
 

恵比寿橋からの風景

工業地帯を進む。写真は埋立地を繋ぐ恵比寿橋からの風景。
 
 
 

日産エンジンミュージアム

日産自動車横浜工場に到着。写真右の建物は、昭和43年まで日産自動車の本社ビルとして使われていた建物で、平成15年に日産エンジンミュージアムに改装され一般公開されている。
 
 
 

日産エンジンミュージアム

日産エンジンミュージアムのエントランスホールには自動車のカットモデルが展示されていた。なかなか興味深い。日産エンジンミュージアムには日産の歴代エンジン28台の他、古いものから新しいものまで、様々な自動車が展示されている。
 
 
 

日産エンジンミュージアム

ダットサン15型ロードスター。販売価格は1,750円(1936年当時)。
 
 
 
関連リンク
  ●この日の管理人のつぶやき(Twitter)
  ●神奈川県横浜市(駅からマンホール:2011/01/01)
  ●神奈川県横浜市(駅からマンホール:2010/11/28)
  ●神奈川県横浜市(駅からマンホール:2010/10/17)
  ●神奈川県横浜市(駅からマンホール:2010/07/19)
  ●神奈川県横浜市(駅からマンホール:2008/09/27)
  ●神奈川県横浜市(馬車道)(駅からマンホール:2008/06/12)
  ●神奈川県横浜市(水道局)(駅からマンホール:2008/05/10)
  ●神奈川県横浜市(港湾局)(駅からマンホール:2008/05/10)
  ●神奈川県横浜市(駅からマンホール:2008/05/10)