ハチ公のふるさと ~ 秋田県大館市


秋田県大館市

秋田県大館市
 
「忠犬ハチ公(秋田犬)」と市の木「秋田杉」がデザインされている。「忠犬ハチ公」に代表される秋田犬は、昭和6年に日本犬としては初の天然記念物指定を受けているが、これには当時の大館町長が中心となって設立された秋田犬保存会の活動が大きく寄与している。「忠犬ハチ公」も大館市(当時は二井田村)の生まれで、そのため街中にはハチ公や秋田犬の銅像や石像などがたくさんある。
 
 
 

秋田県大館市

こちらもほぼ同じ絵柄の蓋だが、文字の部分が異なっている。
 
 
 

秋田県大館市秋田県大館市

汚水桝の蓋にも子犬時代のハチ公を思わせる「秋田犬」と「秋田杉」がデザインされている。
 
 
 

秋田県大館市

上水道用と思われる蓋。青学っぽい形をした市章が入っている。
 
 
 

忠犬ハチ公像

大館駅前の忠犬ハチ公像。渋谷駅前のハチ公像は昭和9年に、こちら大館のハチ公像は昭和10年に設置されているが、戦時の金属類回収令によってどちらの像も供出されている。その後渋谷のハチ公像は昭和23年に、この大館のハチ公像は昭和62年に再建されている。初代のハチ公像は渋谷・大館とも同じ型を使って作られたそうだが、現在のハチ公像は別の型を使っている。渋谷のハチ公像は左耳が垂れているが、こちら大館のハチ公像は両耳とも立っている。なお、左耳が垂れているのは野犬に噛み付かれた後遺症なのだそうだ。
 
 
 

秋田犬の像

同じく、大館駅前の秋田犬の像。こちらはハチ公の若い頃の姿を中心に据えているとのこと。
 
 
 

大館駅

大館駅遠景。何も無いんだけど、何故だかこういう風景が好きだ。
 
 
 

大館駅

大館駅。奥羽本線と花輪線の駅で、花輪線の終点でもある。
 
 
 

ハチ公神社

大館駅構内にあるハチ公神社。発泡スチロール製の巨大なハチ公像が祀られている。撮影は2009年8月だが、2か月後には高さ85センチの2代目ハチ公像(青銅製)に取り換えられたようだ。
 
 
 

ハチ公神社その他

他、駅構内には比内鶏の顔出しパネルときりたんぽの像が並んでいる。あと曲げわっぱと天然鮎があれば大館の5大名産品が揃う。
 
 
 

マンホールカバーメタルコレクション

2013年に発売されたタカラトミーアーツのマンホールカバーメタルコレクションでは、「忠犬ハチ公と秋田杉」のキーホルダーが商品化されている。そろそろ第2弾をお願いします。
 
 
 
関連リンク
  ●東京都渋谷区(駅からマンホール:2015/04/13)
  ●東京都渋谷区(駅からマンホール:2008/08/19)
  ●忠犬ハチ公のふるさと 大館(大館市)
  ●ハチ公クラブさん
  ●晴れ!?時々マンホール探偵さん
  ●鯛の尻尾を奪い取れさん
  ●悠紀’s缶さん
  ●進め!マンホールの蓋調査隊さん
  ●日本マンホール蓋学会さん