地下式送水口特集


東京電力株式会社

地下式送水口特集
 
送水口ウォーク前編中編後編余談編1と続けた送水口関連の話題、今回は余談編2として地下式送水口の蓋を取り上げる。当初の予定通り、送水口関連の話題はひとまずこれで終わりとなる。しかし夏の終わり頃には送水口ナイトなる魅惑的なイベントも計画されており、送水口界隈からは今後も目が離せない。
 
 
 

帝都高速度交通営団

帝都高速度交通営団(現 東京地下鉄株式会社)
 
営団地下鉄のマークに「ずい道内消防用・連結送水管送水口」と書かれている蓋。もう説明の必要はないかもしれないが、念のために書いておくと、送水口とは水が出てくる「口」ではなく、消防車から水を入れるための「口」だ。連結送水管の先には放水口があり、そこに消防用ホースを繋いで離れた場所の火災に対応することになる。
 
ただ消防法施行規則では、送水口は「地盤面からの高さが〇・五メートル以上一メートル以下の位置に設けること」とされているので、通常はこのように地下に送水口を埋設することは無いはずだ。別の根拠法が存在するか、若しくは設置義務の無い送水口なのかもしれない。
 
 
 

丸ノ内線御茶ノ水駅

丸の内線御茶ノ水駅の壁埋設型送水口。これが通常の送水口だ。駅に設置された送水口は法律で設置が義務付けられている送水口で、ずい道(トンネル)に設置された送水口は営団地下鉄が自主的に設置したものだと考えると、一応理屈は通る。
 
 
 

帝都高速度交通営団

送水口と繋がっているかもしれない放水口の蓋。(6/20追記)
 
 
 

護国寺駅

地下鉄の駅のホームに設置されているので「ずい道内消防用」ではなく、駅そのものの消火用ではないかと思われる。
 
 
 

帝都高速度交通営団

かなり大きい横長の蓋。設置場所は池袋駅の西口で、真下には丸の内線の駅があるので、この蓋も営団地下鉄(東京メトロ)の蓋であると思われる。
 
 
 

帝都高速度交通営団

「スプリンクラ用連結送水口・消火栓用連結送水口・採水口」と書かれている。送水口の蓋は饒舌なものが多いが、この蓋も例に漏れず物凄い饒舌蓋だ。
 
 
 

帝都高速度交通営団

「消火栓」の文字の下に「送水口」と書かれたプレートが追加された蓋。小さな営団地下鉄のマークも入っている。消火栓は水を供給する側で、送水口は水を供給される側だが、この大きさでその両方が入っているということは考えにくいので、この蓋の下には送水口のみが設置されているのではないかと思われる。
 
 
 

帝都高速度交通営団

「送水管」と書かれた手書き蓋。管だけあっても仕方が無いので、この蓋の下にも送水口が設置されているのではないかと思われる。また、上の蓋と同じ形をしていることからこの蓋も営団地下鉄のものだと思われる。
 
 
 

湯島駅付近

この蓋は千代田線新御茶ノ水駅と湯島駅の中間辺り、トンネルの真上だと思われる場所に設置されている。
 
 
 

東日本旅客鉄道株式会社

東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)
 
「送水管」の蓋で他に思い浮かぶのはこの蓋だ。JRのロゴが入っているが、設置場所が変わっている。
 
 
 

桜田門付近

この蓋は皇居外苑、桜田門の近くに設置されているのだが、東京駅からはだいぶ離れているのでJRの蓋とは考えにくい。しかも地下街があるわけでも無いのでここに「送水管」があるとも思えない。実際は空気弁(のみ)か消火栓がここにあり、余っていた適当な蓋を持ってきたのではないかと想像される。なお、最近交換されてしまったが、かつて皇居外苑内にはなぜか航空局の蓋もあった。
 
実は秘密の地下道や線路があったりして。噂はよく聞くけど確かめようがない。
 
 
 

東京地下鉄株式会社

東京地下鉄株式会社(東京メトロ)
 
こちらは4枚組みの蓋で、東京メトロのマークに「消防用出入口」と「連結送水管送水口」の表記がある。左右の小窓は明り取りだろうか。
 
そういえば営団地下鉄の送水口の蓋はたまに見かけるが、都営地下鉄の送水口の蓋は1枚も見たことがない。この点からも、地下式送水口は設置義務が無いものの営団地下鉄が自主的に設置しているという推測ができる。
 
 
 
 

東京電力株式会社

東京電力株式会社
 
続いて東京電力の送水口の蓋を並べてみる。「水噴霧消火装置・消防隊送水口・東京電力株式会社」と書かれている。「社」の字が古い示偏だ。
 
「水噴霧消火装置」とあるので、この蓋の下にあるのはスプリンクラーに水を送るための送水口のはずだ。厳密には普通のスプリンクラーではなく、水を霧状に放射する構造になったスプリンクラー類似設備で、消火だけではなく延焼を防いだり温度を下げる目的もあるとのことだ。電気設備に直接水をかけるわけにはいかないので、単純なスプリンクラーではなく水噴霧消火装置が設置されているのだと思われる。
 
 
 

東京電力株式会社

白く彩色された蓋。「社」の字が古い示偏というところも同じ。
 
 
 

東京電力株式会社

この蓋は比較的小さなサイズで、設置されているのは単口の送水口なのではないかと思われる。この写真の様に、マンホールの蓋と並んで設置されることもある。
 
 
 

東京電力株式会社

2枚組というのもよく見かける。この点からも単口送水口なのではないかと思われる。
 
 
 

東京電力株式会社

別タイプの蓋。中学校の美術の時間にやったレタリングを思い出すようなフォントで、「水噴霧防災装置・消防隊送水口・送水圧力     Kg/CM2・東京電力株式会社」と書かれている。饒舌にも程があるが、送水圧力の部分は未記入だ。先の蓋には「水噴霧消火装置」と書かれていたが、こちらの蓋には「水噴霧防災装置」と書かれている。
 
 
 

東京電力株式会社

同じく「水噴霧防災装置・消防隊送水口・送水圧力     Kg/cm2・東京電力株式会社」と書かれた蓋。こちらは明朝体フォント。ちなみに正しい単位の表記は「Kg/CM2」でもなく「Kg/cm2」でもなく「kgf/cm2」だ。
 
 
 

東京電力株式会社

記事の冒頭に紹介した蓋がこちら。珍しく送水圧力の部分が記入されている。5.0kgf/cm2 は 0.49MPa だが、一般的な送水口の送水圧力は 0.6MPa 若しくは 1.0MPa とのことなので、これはやや低い圧力のようだ。
 
 
 

東京電力株式会社

さらに別タイプの蓋。饒舌から一転して「送水口・東京電力株式会社」とシンプルに書かれているが、「送」の字が二点しんにょうだ。東京モノレールのロゴに使われているようなフォント。
 
 
 

東京電力株式会社

さっぱりとした感じの蓋。こちらも「送」の字が二点しんにょう。旧ロゴ「雷マーク」は「T」の字に稲妻の意匠のはずなのに、このマークは「T」が下の方で繋がってしまっている。
 
 
 

東京電力株式会社

比較的新しそうなタイプの蓋。
 
 
 

東京電力株式会社

こちらは1987年10月から使われている新しいロゴマークが入った蓋。㈱長谷川鋳工所の製品。
 
 
 

東京電力株式会社

「送水口・東電」と書かれた蓋。こちらは恐らく日之出水道機器㈱の製品。
 
 
 

東京電力株式会社

白く彩色された蓋。周辺のタイルに合わせて黒いラインも入っている。擬態蓋という新しいジャンルができるかも。
 
 
 

東京電力株式会社

こちらはグレーチングで蓋をされた送水口。(6/18追記)
 
 
 

東京電力株式会社

「水噴霧防災装置・消防隊送水口・東京電力株式会社」と書かれている。相変わらず饒舌。
 
 
 

東京電力株式会社

フラッシュ撮影した写真を色調補正したら中身が見えた。双口の送水口が格納されているのが見える。
 
 
 

東京消防庁

東京消防庁
 
最後に送水口ではないが「口」繋がりで採水口の蓋を載せておく。「防火貯水槽」や「防火水槽」との表記はよく見るが、この「採水口」と何か違いがあるのだろうか。開けてみたい。
 
 
 
関連リンク
  ●送水口ウォーク・前編(駅からマンホール:2014/03/30)
  ●送水口ウォーク・中編(駅からマンホール:2014/04/10)
  ●送水口ウォーク・後編(駅からマンホール:2014/04/21)
  ●消防車特集(余談編1)(駅からマンホール:2014/05/19)
  ●夢の入口でさん
  ●むにゅ’s のぉとさん
  ●彷鉄さん
 



測量の日記念 日本水準原点公開 ~ 国土交通省国土地理院


一等水準点

国土交通省国土地理院(一等水準点)
 
「丙」と書かれた一等水準点の蓋とその中身。穴と鉄枠とが大きくずれている。
 
 
 

一等水準点

1949年(昭和24年)6月3日に「測量法」が公布されたことに由来し、6月3日は測量の日とされている。その測量の日に先駆け、毎年5月末に国会前庭洋式庭園内にある日本水準原点の一般公開が行われている。今年は5月21日に予定されていたが、雨天のため5月28日に延期された。日本水準原点標庫の脇にある一等水準点「丙」の蓋は、そのイベントの一環として開けられていた。
 
 
 

一等水準点

こちらが本イベントの主役。蓋(扉)の開けられた日本水準原点標庫。
 
 
 

一等水準点

一般公開された日本水準原点。水晶板に目盛りが刻まれているが、「0」の水平ラインが日本各地の標高の基準となる。よく見ると数字が上下逆に刻まれているが、これは水準儀(望遠鏡)で見ると逆さまに見えるため、予め逆さまに刻んでいるとのことだった。
 
日本水準原点は、隅田川河口にあった霊岸島検潮所の量水標で観測して決定された「東京湾平均海面」を標高0.0000mとし、標高24.5000mの位置に置かれた。関東大震災と東日本大震災の地震の影響でそれぞれ沈下し、現在、日本水準原点の0のラインは標高24.3900mの位置とされている。明治24年に日本水準原点が置かれてから、日本水準原点の標高が改正されたのは今のところこの2回のみだ。
 
 
 

一等水準点

標庫の裏側の扉も解放されていた。「明治二十四年 辛卯五月建設 陸地測量部」と刻まれていた。
 
 
 

一等水準点

「甲」と書かれた蓋。
 
 
 

一等水準点

一等水準点「甲」は、日本水準原点標庫の正面にある。
 
 
 

一等水準点

「甲」の蓋も御開帳。
 
 
 

一等水準点

日本水準原点標庫近くの草村の中には、一等水準点「乙」もあった。
 
 
 

一等水準点

こちらも御開帳。「甲」の蓋と違い、蓋につまみが付いていないため、こじ開ける感じだ。
 
 
 

一等水準点

蓋を開けると水準点の周りにモヤシのような謎植物とナメクジが何匹かいた。年に一回だけ拝むことのできる日の光?
 
 
 

一等水準点

「甲」「乙」「丙」と出揃ったので、次は「丁」だが、一等水準点「丁」は地上に顔を出している。標石には「№丁」と刻まれている。
 
 
 

一等水準点

少し離れて憲政記念館の休憩所近くには、一等水準点「戊」もある。甲・乙・丙・・・は十干と呼ばれ、甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸と10番目まであるが、一等水準点は「戊」でお終いということらしい。
 
 
 

四等三角点

国土交通省国土地理院(四等三角点)
 
他に「四等三角点」と書かれた蓋もあった。
 
 
 

一等水準点

この蓋は日本水準原点標庫と噴水を挟んで反対側にあるが、国土地理院の基準点成果等閲覧サービスのサイトには記載されていない。このサイトでは四等三角点はもちろんのこと、廃止された基準点まで参照できるので、そこに記載されていないこの「四等三角点」は謎の存在だ。ついでに開けてもらえばよかった。
 
 
 
関連リンク
  ●一等水準点(駅からマンホール:2008/01/24)
  ●日本水準原点(駅からマンホール:2008/01/24)
  ●霞ヶ関公園(駅からマンホール:2010/10/20)
  ●測量の日キャラクター マッピーくん(日本測量協会)
  ●Mt.View from Highwayさん
  ●酔哲庵日常さん
  ●発想源ブログさん
  ●東京蓋散歩さん
  ●日本の測量史さん
  ●馬明の路上文化遺産と投資のブログさん
  ●((( ^ ∀^)/ 歩ばあちゃん 出会い旅さん
  ●月島遊歩人つぶやきのブログさん
  ●武蔵国を散策するさん
 



SAYONARA 国立競技場 ~ 国立霞ヶ丘陸上競技場


国立霞ヶ丘陸上競技場

国立霞ヶ丘陸上競技場
 
旧字で「國立競技場」と書かれた蓋。
 
 
 

国立霞ヶ丘陸上競技場

同じ様式の蓋だが細部の異なる蓋。
 
 
 

国立霞ヶ丘陸上競技場 代々木門

これらの蓋は2020年の東京オリンピックに向けて建て替えが予定されている国立霞ヶ丘陸上競技場に設置されている。「国立霞ヶ丘陸上競技場」というよりは「国立競技場」の方が通りがよいので、以下「国立競技場」と表記する。
 
 
 

国立霞ヶ丘陸上競技場

国立競技場は、1958年アジア競技大会と国民体育大会に向けて1957年(昭和32年)1月に起工され、1958年(昭和33年)3月に竣工している。その後1964年(昭和39年)の東京オリンピックのメインスタジアムとして使用され、その際にスタンドの増築工事も行われている。その後大規模な改修は行われていないようなので、設置されている蓋は基本的に昭和30年代のものだと思われる。
 
 
 

国立霞ヶ丘陸上競技場

こちらも旧字で「國立競技場」と書かれた蓋。競技場内には様々な種類の蓋が設置されている。
 
 
 

国立霞ヶ丘陸上競技場

こちらは電力系の蓋によく使われる地紋の蓋だ。やはり旧字で「國立競技場」と書かれている。
 
 
 

国立霞ヶ丘陸上競技場

上の蓋とは文字の配置が異なる蓋。文字を円形に配置する場合、この蓋の様に最初の文字を上に配置するのが通例のようだ。
 
 
 

国立霞ヶ丘陸上競技場

国立競技場は本日5月31日に開催されるファイナルイベントを最後に、7月には解体が開始される予定だ。そのため昨年から「SAYONARA国立競技場」と題して特別展や見学ツアーが実施されていた。
 
 
 

国立霞ヶ丘陸上競技場

普段は入れない場所で、しかも間もなく取り壊される場所ということで、筆者もその見学ツアーに参加してきた。この写真はグラウンドから眺めたメインスタンド。相撲の神という野見宿禰とギリシャ神話の勝利の女神ニケの壁画が描かれている。
 
 
 

国立霞ヶ丘陸上競技場

メインスタンド最上階のロイヤルシート。
 
 
 

国立霞ヶ丘陸上競技場

ロイヤルシートからの眺望。正面に聖火台が見える。
 
 
 

国立霞ヶ丘陸上競技場

裏には貴賓室もあった。
 
 
 

国立霞ヶ丘陸上競技場

競技場内の通路に設置されていた消火栓の蓋。㈱長谷川鋳工所の製品。
 
 
 

国立霞ヶ丘陸上競技場

止水弇と書かれた蓋、弇の字は萌え点入り。こちらも㈱長谷川鋳工所の製品だ。前にちらりと書いたが、鉄蓋製造企業は、道路に敷設される上下水道や共同溝などの蓋を製造する土木系と、建物に付随する設備の蓋を製造する建築系とに分けることができるそうで、その建築系では㈱長谷川鋳工所は長らく最大手だったのだそうだ。
 
 
 

国立霞ヶ丘陸上競技場

水槽と書かれた蓋。「H」の文字をたくさん繋げたようなこの地紋は、㈱長谷川鋳工所発祥の地紋とのことだ。
 
 
 

国立霞ヶ丘陸上競技場

汚水と書かれた蓋。
 
 
 

国立霞ヶ丘陸上競技場国立霞ヶ丘陸上競技場

汚水桝と書かれた小型の蓋。
 
 
 

国立霞ヶ丘陸上競技場

汚水桝と書かれた中型の蓋。
 
 
 

国立霞ヶ丘陸上競技場

同じく汚水桝と書かれた中型の蓋。汚水桝の蓋はスタジアム周辺に多数あり、細かい違いのある蓋も多数あったが、それらを全て取り上げていたら㈱長谷川鋳工所のパンフレットのようになってしまうので、代表的なもののみを掲載した。
 
 
 

国立霞ヶ丘陸上競技場

汚水桝ではなく汚水蓋と書かれた小型の蓋。
 
 
 

国立霞ヶ丘陸上競技場

同じく汚水蓋と書かれたやや大型の蓋。
 
 
 

国立霞ヶ丘陸上競技場国立霞ヶ丘陸上競技場

用途の書かれていない小型の蓋。
 
 
 

国立霞ヶ丘陸上競技場

同じく用途の書かれていない中型の蓋。
 
 
 

国立霞ヶ丘陸上競技場

こちらも用途の書かれていない中型の蓋だが、上の蓋と異なり上部に型番が書かれている。交換された新しい蓋かもしれない。
 
 
 

国立霞ヶ丘陸上競技場

「H」を横に繋げ、れんが塀のように見える地紋の蓋。こちらは㈱長谷川鋳工所ではなく㈱ニムラの製品。㈱ニムラもどちらかといえば建築系の鉄蓋製造企業だ。
 
 
 

国立霞ヶ丘陸上競技場

選手控室近くからの眺め。国立競技場で活躍した選手と同じ目線に立てる。
 
 
 

国立霞ヶ丘陸上競技場

選手控室も見学可能だった。この隅の席は三浦知良選手の指定席なんだとか。
 
 
 

国立霞ヶ丘陸上競技場

顔出し看板も用意されていた。顔の代わりに聖火台をあてがってみた。
 
 
 

国立霞ヶ丘陸上競技場

コーナーポストが立てられる位置からの眺め。気分だけはサッカー選手になれる。
 
 
 

国立霞ヶ丘陸上競技場

グラウンドの地下に怪しい階段があった。
 
 
 

国立霞ヶ丘陸上競技場

選手が利用するトイレがこの階段の先にあったのだそうだ。このトイレはもう使われなくなっており、地下通路にも水が溜まっているとのことで、その中までは見学できなかった。
 
 
 

国立霞ヶ丘陸上競技場

他にもグラウンド上には謎の蓋が多数あった。
 
 
 

国立霞ヶ丘陸上競技場

「P」「CM」「C」「E」などと書かれている。
 
 
 

国立霞ヶ丘陸上競技場

こちらは「P」「C」「E」と縦に並んだ蓋。
 
 
 

国立霞ヶ丘陸上競技場

親子蓋のようになっている。
 
 
 

国立霞ヶ丘陸上競技場

選手用通路には、通路と同じシートが貼られた蓋があった。結構強引だ。
 
 
 

国立霞ヶ丘陸上競技場

聖火台のすぐそばにも行くことができた。昭和39年の東京オリンピックのために造られたのかと思っていたが、昭和33年のアジア競技大会に合わせて造られたのだそうだ。ごま油で磨くのがよいそうだ。マンホールの蓋もごま油で磨いてみようかしら。
 
 
 

国立霞ヶ丘陸上競技場

聖火台付近からの眺望。代々木・新宿方面がよく見える。
 
 
 

国立霞ヶ丘陸上競技場

スプリンクラーが稼働中。先ほどのグラウンド上にあった蓋の下にはこのような設備があるのかもしれない。
 
 
 

国立霞ヶ丘陸上競技場

国立競技場内に設置されていた他の蓋も並べてみる。この蓋は中央部分に削られたような跡の残る蓋。削られたのは都章だろうか。虐待蓋だ。
 
 
 

東京都

太った都章が入った蓋。こちらは削られなくてよかった。
 
 
 

瓦斯

右書きのガスの蓋。各地の路上でもたまに見かけるが、ここに設置されているということは少なくとも昭和30年代まで新たに設置されていたということになる。右書きだから戦前の設置、と簡単に判断できないわけだ。
 
 
 

国立霞ヶ丘陸上競技場

この蓋は敷地の外に設置されていた蓋だが、他では見たことが無いタイプの蓋だ。レゴブロックのような地紋。
 
 
 

送水口

派手に彩色された送水口。「サイヤミーズ コネクシヨン」の表記で、㈱村上製作所の製品だ。脇には㈱長谷川鋳工所の蓋も見える。頼もしいツートップ。
 
 
 

国立競技場駅

国立競技場駅の地上出入口。都営地下鉄大江戸線の駅だ。
 
 
 

国立競技場駅

出入口に鎮座する青ドリル。「くるくるシンボル」という名前で比較的最近設置されるようになった都営地下鉄のシンボルなのだそうだが、知名度は低い。
 
 
 

東京オリンピック金銀銅メダル

国立競技場に併設された秩父宮記念スポーツ博物館には、昭和39年の東京オリンピックのメダルも展示されていた。他にも国立競技場に縁のある品々が多数展示されており、お勧めスポットだったが、新国立競技場が完成するまで休館する予定だ。新国立競技場は2019年竣工を目標としている。今から楽しみだ。
 
 
 
 
追記
 

ブルーインパルス

SAYONARA国立競技場・ファイナルイベントの為に東京上空に飛来したブルーインパルスを文京シビックセンターの展望ラウンジから撮影してみた。
 
 
 

ブルーインパルス

今回のベストショット。普段は地面ばかりを撮影しているので、上空の、しかも動くものを撮るのは難しい。
 
 
 

ブルーインパルス

国立競技場上空からいったん戻ったところ。この後再び国立競技場へ向かった。
 
 
 

ブルーインパルス

演目を終え帰投するブルーインパルス。
 
 
 

ブルーインパルス

帰投先は入間基地とのことだ。
 
 
 
関連リンク
  ●国立競技場グッズ販売(チケットぴあ)
  ●株式会社長谷川鋳工所
  ●徒然なるままににさん
  ●歩ばあちゃん、出会い旅 part2さん
  ●あきじゅんのブログさん
  ●夢の入口でさん