ガヤガヤハトハト ~ 埼玉県越谷市


埼玉県越谷市

埼玉県越谷市
 
市の木「ケヤキ」と市の鳥「シラコバト」がデザインされている。この蓋は中川水循環センターで展示されているもの。
 
 
 

埼玉県越谷市

こちらは路上に設置されている蓋。同じ埼玉県内の鳩ヶ谷市(現 川口市)には、同じく鳩をデザインした蓋があり、ガヤガヤハトハトと紛らわしいことこの上ない。
 
こちら越谷市の蓋にデザインされている鳩・シラコバトは、在来種なのかどうかは不明だが、日本では国の天然記念物に指定されている希少種だ。一時国内では越谷市内でのみ生息が確認されるほどに数が減ったという(海外には多数生息している)。一方、鳩ヶ谷市の蓋にデザインされている鳩は、鳴き声に特徴のあるキジバト(ヤマバト)だ。ちなみに日本はもとより世界中でよく見られる鳩はカワラバト(ドバト)で、伝書鳩もたいていこの鳩らしい。
 
越谷市と鳩ヶ谷市、鳩も違うが市名に「ヶ」がつくかどうかも違う。
 
 
 

埼玉県越谷市埼玉県越谷市

彩色されていない蓋。大きい蓋の上部には、製造年(09)・輪荷重(T-14)・製造元(日之出水道機器の社章)が記されている。
 
 
 

埼玉県越谷市

雨水用の蓋。
 
 
 

埼玉県越谷市

さらに雨水を消防水利として利用している箇所の蓋。消防水利なので目立つように黄色で彩色されている。
 
 
 

埼玉県越谷市埼玉県越谷市

小型の蓋2種。プラスチック製の蓋とコンクリート製の蓋。
 
 
 

埼玉県越谷市埼玉県越谷市

窒息蓋。真ん中は市章に似た何か。
 
 
 

埼玉県越谷市埼玉県越谷市

コンクリート製の蓋。こちらも市章が正確ではない。結構いい加減。正確な市章は合併前の10町村を表す丸と、4つの「コ」に囲まれた「谷」の字で構成されており、こちらで確認できる。
 
 
 

新越谷駅・南越谷駅

東武伊勢崎線の新越谷駅(左)と武蔵野線の南越谷駅(右)。隣接、というよりは一体化した駅だが、乗り換えには高架から一旦地上に降りて改札を出る必要がある。
 
 
 

埼玉県越谷市

何か騒々しいと思ったら、駅前で阿波踊りを踊る一団がいた。毎年8月には南越谷阿波踊りが開催されるとのことで、これはその予行演習(南越谷プレ阿波踊り)のようだった。
 
以上、展示蓋以外の撮影は2011年7月。
 
 
 
関連リンク
  ●この日の管理人のつぶやき(Twitter)
  ●マンホールと公共ます(越谷市ホームページ)
  ●歩鉄の達人さん
  ●日本マンホール蓋学会さん
  ●野鳥観察フィールドノートさん
  ●デザインマンホールさん
  ●Mattlandさん
  ●さぶりんブログさん
 



ハチ公と上野博士 ~ 東京都渋谷区


東京都渋谷区

東京都渋谷区
 
「忠犬ハチ公」がデザインされている。
 
 
 

忠犬ハチ公像 東京都渋谷区

この蓋は渋谷駅前の待ち合わせスポット、忠犬ハチ公の像の近くに設置されている。
 
 
 

忠犬ハチ公像

晩年のハチ公は野犬に噛み付かれた後遺症で左耳が垂れていたそうだが、銅像はその姿を残している。細かい話だが、蓋にデザインされているハチ公は両耳が垂れているようにも見える。どうせなら細部にもこだわってほしかった。
 
 
 

上野英三郎博士胸像

こちらはハチ公の飼い主だった上野英三郎博士の胸像。ハチ公を飼っていた当時、上野博士は東京帝国大学農学部の教授を務めていた。農学部のキャンパスは渋谷にほど近い駒場にあったが、当時駒場に鉄道駅は無かったはずなので、出張先や帝国大学のキャンパス(本郷)などから電車で帰宅する上野博士をハチ公は渋谷駅で待っていたということになる。
 
なおこの胸像、昭和59年に渋谷駅前まで移動され、ハチ公の像と対面している。当時農学部に在籍していた学生有志の発案で、元はどちらかと言えば悪ノリだったようだが、対面を果たした際には感動的な話として報じられたようだ。
 
 
 

東京大学大学院農学生命科学研究科 農学資料館

上野博士の胸像が置かれている東京大学農学資料館。農正門(農学部正門)の脇にあり、自由に見学することができる。
 
 
 

農学資料館

内部には農学生命科学研究科所蔵の資料が幾つか展示されている。フィラリアに寄生されていたハチ公の臓器が展示されていたりと、感動的な話を求めてここに来ると虚を衝かれることになるのでご注意を。
 
 
 

上野英三郎博士とハチ公像

同じく、農正門の近くに先日設置された上野英三郎博士とハチ公の像。
 
 
 

上野英三郎博士とハチ公像

除幕式の挨拶によると、「上野博士の生前のある日、博士が長期出張から渋谷駅に戻った時、改札口でひとり待つハチに驚き、互いにじゃれ合って喜んでいる様子」を像にしたということらしいが、天国で再開した様子と捉えた方が心に響く気がする。
 
 
 

ぐりぐり写真:上野英三郎博士とハチ公
{"src":"http://EkikaraManhole.WhiteBeach.org/images/2015.04.13.0/g.jpg","width":"540","height":"374"}

折角なのでぐりぐり写真にしてみた。上野博士の優しい表情と、ハチ公の心から喜んでいる様子がよく出ている。(ぐりぐり写真: 写真にマウスカーソルを乗せると動かせる)
 
 
 

上野英三郎博士とハチ公像

ちなみに上野博士は三重県一志郡本村(現在は津市の一部)の出身で、久居駅前にも上野英三郎博士とハチ公の像が建てられている。(† ウィキメディアより取得。作者:もんじゃ、利用許可:CC BY-SA 3.0)
 
 
 
関連リンク
  ●東京都渋谷区(駅からマンホール:2008/08/19)
  ●秋田犬大館市(駅からマンホール:2015/04/08)
  ●プログラマーですが、何か?さん
  ●夢の入り口でさん
  ●Google プレイス 渋谷 キャンペーンさん
  ●季節のしっぽさん
  ●ハーゼスト丸の航海日誌さん
  ●人吉が大好きな東京白くまのブログさん
 



ハチ公のふるさと ~ 秋田県大館市


秋田県大館市

秋田県大館市
 
「忠犬ハチ公(秋田犬)」と市の木「秋田杉」がデザインされている。「忠犬ハチ公」に代表される秋田犬は、昭和6年に日本犬としては初の天然記念物指定を受けているが、これには当時の大館町長が中心となって設立された秋田犬保存会の活動が大きく寄与している。「忠犬ハチ公」も大館市(当時は二井田村)の生まれで、そのため街中にはハチ公や秋田犬の銅像や石像などがたくさんある。
 
 
 

秋田県大館市

こちらもほぼ同じ絵柄の蓋だが、文字の部分が異なっている。
 
 
 

秋田県大館市秋田県大館市

汚水桝の蓋にも子犬時代のハチ公を思わせる「秋田犬」と「秋田杉」がデザインされている。
 
 
 

秋田県大館市

上水道用と思われる蓋。青学っぽい形をした市章が入っている。
 
 
 

忠犬ハチ公像

大館駅前の忠犬ハチ公像。渋谷駅前のハチ公像は昭和9年に、こちら大館のハチ公像は昭和10年に設置されているが、戦時の金属類回収令によってどちらの像も供出されている。その後渋谷のハチ公像は昭和23年に、この大館のハチ公像は昭和62年に再建されている。初代のハチ公像は渋谷・大館とも同じ型を使って作られたそうだが、現在のハチ公像は別の型を使っている。渋谷のハチ公像は左耳が垂れているが、こちら大館のハチ公像は両耳とも立っている。なお、左耳が垂れているのは野犬に噛み付かれた後遺症なのだそうだ。
 
 
 

秋田犬の像

同じく、大館駅前の秋田犬の像。こちらはハチ公の若い頃の姿を中心に据えているとのこと。
 
 
 

大館駅

大館駅遠景。何も無いんだけど、何故だかこういう風景が好きだ。
 
 
 

大館駅

大館駅。奥羽本線と花輪線の駅で、花輪線の終点でもある。
 
 
 

ハチ公神社

大館駅構内にあるハチ公神社。発泡スチロール製の巨大なハチ公像が祀られている。撮影は2009年8月だが、2か月後には高さ85センチの2代目ハチ公像(青銅製)に取り換えられたようだ。
 
 
 

ハチ公神社その他

他、駅構内には比内鶏の顔出しパネルときりたんぽの像が並んでいる。あと曲げわっぱと天然鮎があれば大館の5大名産品が揃う。
 
 
 

マンホールカバーメタルコレクション

2013年に発売されたタカラトミーアーツのマンホールカバーメタルコレクションでは、「忠犬ハチ公と秋田杉」のキーホルダーが商品化されている。そろそろ第2弾をお願いします。
 
 
 
関連リンク
  ●東京都渋谷区(駅からマンホール:2015/04/13)
  ●東京都渋谷区(駅からマンホール:2008/08/19)
  ●忠犬ハチ公のふるさと 大館(大館市)
  ●ハチ公クラブさん
  ●晴れ!?時々マンホール探偵さん
  ●鯛の尻尾を奪い取れさん
  ●悠紀's缶さん
  ●進め!マンホールの蓋調査隊さん
  ●日本マンホール蓋学会さん