ハチ公と上野博士 ~ 東京都渋谷区


東京都渋谷区

東京都渋谷区
 
「忠犬ハチ公」がデザインされている。
 
 
 

忠犬ハチ公像 東京都渋谷区

この蓋は渋谷駅前の待ち合わせスポット、忠犬ハチ公の像の近くに設置されている。
 
 
 

忠犬ハチ公像

晩年のハチ公は野犬に噛み付かれた後遺症で左耳が垂れていたそうだが、銅像はその姿を残している。細かい話だが、蓋にデザインされているハチ公は両耳が垂れているようにも見える。どうせなら細部にもこだわってほしかった。
 
 
 

上野英三郎博士胸像

こちらはハチ公の飼い主だった上野英三郎博士の胸像。ハチ公を飼っていた当時、上野博士は東京帝国大学農学部の教授を務めていた。農学部のキャンパスは渋谷にほど近い駒場にあったが、当時駒場に鉄道駅は無かったはずなので、出張先や帝国大学のキャンパス(本郷)などから電車で帰宅する上野博士をハチ公は渋谷駅で待っていたということになる。
 
なおこの胸像、昭和59年に渋谷駅前まで移動され、ハチ公の像と対面している。当時農学部に在籍していた学生有志の発案で、元はどちらかと言えば悪ノリだったようだが、対面を果たした際には感動的な話として報じられたようだ。
 
 
 

東京大学大学院農学生命科学研究科 農学資料館

上野博士の胸像が置かれている東京大学農学資料館。農正門(農学部正門)の脇にあり、自由に見学することができる。
 
 
 

農学資料館

内部には農学生命科学研究科所蔵の資料が幾つか展示されている。フィラリアに寄生されていたハチ公の臓器が展示されていたりと、感動的な話を求めてここに来ると虚を衝かれることになるのでご注意を。
 
 
 

上野英三郎博士とハチ公像

同じく、農正門の近くに先日設置された上野英三郎博士とハチ公の像。
 
 
 

上野英三郎博士とハチ公像

除幕式の挨拶によると、「上野博士の生前のある日、博士が長期出張から渋谷駅に戻った時、改札口でひとり待つハチに驚き、互いにじゃれ合って喜んでいる様子」を像にしたということらしいが、天国で再開した様子と捉えた方が心に響く気がする。
 
 
 

ぐりぐり写真:上野英三郎博士とハチ公
{"src":"http://EkikaraManhole.WhiteBeach.org/images/2015.04.13.0/g.jpg","width":"540","height":"374"}

折角なのでぐりぐり写真にしてみた。上野博士の優しい表情と、ハチ公の心から喜んでいる様子がよく出ている。(ぐりぐり写真: 写真にマウスカーソルを乗せると動かせる)
 
 
 

上野英三郎博士とハチ公像

ちなみに上野博士は三重県一志郡本村(現在は津市の一部)の出身で、久居駅前にも上野英三郎博士とハチ公の像が建てられている。(† ウィキメディアより取得。作者:もんじゃ、利用許可:CC BY-SA 3.0)
 
 
 
関連リンク
  ●東京都渋谷区(駅からマンホール:2008/08/19)
  ●秋田犬大館市(駅からマンホール:2015/04/08)
  ●プログラマーですが、何か?さん
  ●夢の入り口でさん
  ●Google プレイス 渋谷 キャンペーンさん
  ●季節のしっぽさん
  ●ハーゼスト丸の航海日誌さん
  ●人吉が大好きな東京白くまのブログさん
 



ハチ公のふるさと ~ 秋田県大館市


秋田県大館市

秋田県大館市
 
「忠犬ハチ公(秋田犬)」と市の木「秋田杉」がデザインされている。「忠犬ハチ公」に代表される秋田犬は、昭和6年に日本犬としては初の天然記念物指定を受けているが、これには当時の大館町長が中心となって設立された秋田犬保存会の活動が大きく寄与している。「忠犬ハチ公」も大館市(当時は二井田村)の生まれで、そのため街中にはハチ公や秋田犬の銅像や石像などがたくさんある。
 
 
 

秋田県大館市

こちらもほぼ同じ絵柄の蓋だが、文字の部分が異なっている。
 
 
 

秋田県大館市秋田県大館市

汚水桝の蓋にも子犬時代のハチ公を思わせる「秋田犬」と「秋田杉」がデザインされている。
 
 
 

秋田県大館市

上水道用と思われる蓋。青学っぽい形をした市章が入っている。
 
 
 

忠犬ハチ公像

大館駅前の忠犬ハチ公像。渋谷駅前のハチ公像は昭和9年に、こちら大館のハチ公像は昭和10年に設置されているが、戦時の金属類回収令によってどちらの像も供出されている。その後渋谷のハチ公像は昭和23年に、この大館のハチ公像は昭和62年に再建されている。初代のハチ公像は渋谷・大館とも同じ型を使って作られたそうだが、現在のハチ公像は別の型を使っている。渋谷のハチ公像は左耳が垂れているが、こちら大館のハチ公像は両耳とも立っている。なお、左耳が垂れているのは野犬に噛み付かれた後遺症なのだそうだ。
 
 
 

秋田犬の像

同じく、大館駅前の秋田犬の像。こちらはハチ公の若い頃の姿を中心に据えているとのこと。
 
 
 

大館駅

大館駅遠景。何も無いんだけど、何故だかこういう風景が好きだ。
 
 
 

大館駅

大館駅。奥羽本線と花輪線の駅で、花輪線の終点でもある。
 
 
 

ハチ公神社

大館駅構内にあるハチ公神社。発泡スチロール製の巨大なハチ公像が祀られている。撮影は2009年8月だが、2か月後には高さ85センチの2代目ハチ公像(青銅製)に取り換えられたようだ。
 
 
 

ハチ公神社その他

他、駅構内には比内鶏の顔出しパネルときりたんぽの像が並んでいる。あと曲げわっぱと天然鮎があれば大館の5大名産品が揃う。
 
 
 

マンホールカバーメタルコレクション

2013年に発売されたタカラトミーアーツのマンホールカバーメタルコレクションでは、「忠犬ハチ公と秋田杉」のキーホルダーが商品化されている。そろそろ第2弾をお願いします。
 
 
 
関連リンク
  ●東京都渋谷区(駅からマンホール:2015/04/13)
  ●東京都渋谷区(駅からマンホール:2008/08/19)
  ●忠犬ハチ公のふるさと 大館(大館市)
  ●ハチ公クラブさん
  ●晴れ!?時々マンホール探偵さん
  ●鯛の尻尾を奪い取れさん
  ●悠紀's缶さん
  ●進め!マンホールの蓋調査隊さん
  ●日本マンホール蓋学会さん
 



松並木と百代橋 ~ 埼玉県草加市


埼玉県草加市

埼玉県草加市
 
市のシンボルとなっている「百代橋」がデザインされている。この蓋は中川水循環センターで展示されているもの。
 
 
 

埼玉県草加市

こちらは実際に設置されている蓋。どちらも状態は良い。草加市のホームページによると、このデザインは市制施行40周年記念事業の一環として平成10年に市民投票により決定されたもので、デザインの名称は「松並木と百代橋」とのことだ。
 
 
 

埼玉県草加市埼玉県草加市

彩色されていない蓋。彩色されている蓋と同じ型で造られているようだが、やはり色が付かないとデザインが分かり難いかもしれない。
 
 
 

百代橋

蓋にデザインされている百代橋。旧日光街道沿いの草加松原遊歩道に架けられた歩道橋で、橋の下は車道になっている。何とも歴史の有りそうな出で立ちだが、過去にこのような橋がこの地にあったわけではなく、昭和61年に完成した全く新しい橋で最初から歩道橋として造られている。
 
 
 

ぐりぐり写真:百代橋
{"src":"http://EkikaraManhole.WhiteBeach.org/images/2015.04.06.0/a.jpg","width":"540","height":"403"}

蓋には川に架かったような様子が描かれているが、前述のように最初から歩道橋(陸橋)だったので、意地悪く見れば洪水で水没した様子ともとれる。(ぐりぐり写真: 写真にマウスカーソルを乗せると動かせる)
 
 
 

埼玉県草加市

防火水槽の蓋にも「百代橋」(若しくは「矢立橋」)がデザインされている。こちらは実際の橋と同じく車道を跨いだ陸橋として描かれている。矢立橋も草加松原遊歩道に架けられた歩道橋で、百代橋とほぼ同じ形状をしている。そのため、この蓋にデザインされている橋がどちらの橋なのかは不明だ。なお百代橋はバブル真っ只中(昭和61年)に、矢立橋はバブル崩壊後(平成6年)に完成している。
 
追記: 欄干の形状から、この蓋にデザインされている橋も「百代橋」である可能性が高い
 
 
 

百代橋

綾瀬川と百代橋。
 
 
 

百代橋

草加松原遊歩道は綾瀬川沿いに1.5㎞に渡って続いており、百代橋と矢立橋とを経由することで、車道に遮られることなく一通り散策することができる。
 
 
 

埼玉県草加市

上水道の蓋。埼玉県南水道と同じ様式の蓋だ。
 
 
 

埼玉県草加市

消火栓の蓋も埼玉県南水道のものとそっくりだ。繋がりがあるのかもしれない。
 
 
 

埼玉県草加市

こちらは排水室の蓋。上水道の蓋の場合、多くの自治体では、紋章と仕切弁や排水室などの役割のみを記す場合が多く、このように市名と部局名(水道部)まで入っているのは珍しい気がする。
 
 
 

埼玉県草加市

こちらは市章と役割(仕切弁)のみが記された蓋。この地紋は日本鋳鉄管㈱の製品だと思われる。
 
 
 

埼玉県草加市

最後に基準点の蓋。取っ手がアスファルトで埋まっているようだが、どうやって開けるのだろうか。
 
 
 

草加駅

草加駅。東武伊勢崎線の駅で、東京メトロ日比谷線・半蔵門線や東急田園都市線からの列車も相互直通運転で乗り入れている。
 
 
以上、中川水循環センターの展示蓋以外は2010年7月の撮影。
 
 
 

埼玉県草加市

おまけ。「実際に設置されている蓋」について、状態がよいと書いたが、本当はスリップ痕やガムのカスなど多少の汚れがあった。こういった場合、ブログに掲載する前にデジタル処理でクリーニングをすることがある。特に綺麗なデザインの蓋で、汚れがあるために惜しい状態になっているときにクリーニングを行うことが多いが、やりすぎると本物ではなくなってしまうので難しい所だ。(マウスカーソルを乗せるとクリーニング後の写真を表示)
 
 
 
関連リンク
  ●この日の管理人のつぶやき(Twitter)
  ●デザインマンホール(草加市)
  ●夢の入り口でさん
  ●悠紀's缶さん
  ●クニの部屋 -北武蔵の風土記-さん
  ●講座企画塾 吉田清彦officialさん
  ●デザインマンホールさん
  ●日本マンホール蓋学会さん