大宝八幡宮の流鏑馬 ~ 茨城県下妻市


茨城県下妻市茨城県下妻市

茨城県下妻市
 
「サクラ」、「砂沼」と「砂沼大橋」、背後に「筑波山」がデザインされている。
 
 
 

茨城県下妻市

こちらは「消防車」がデザインされた消火栓の蓋。市章と市名も入る。
 
 
 

騰波ノ江駅

騰波ノ江駅。関東鉄道常総線の駅で、「万葉集の『鳥羽の淡海』と記されたものが駅名として残り、栄枯盛衰を物語る駅」として関東の駅百選に選定されている。常総線内で最も古い駅舎だったが、老朽化のため昨年改築工事が行われ、新しくなった。駅舎のデザインは元の駅舎とほぼ同じで、一部に旧駅舎の資材も使用されているのだそうだ。
 
 
 

騰波ノ江駅

こちらが一昨年に撮影した解体前の旧駅舎。
 
 
 

大宝八幡宮 あじさい神苑

騰波ノ江駅から小貝川を経由して大宝八幡宮まで歩いた。写真は境内北にある、あじさい神苑。約5,000株のあじさいが植えられている。
 
 
 

大宝八幡宮 流鏑馬神事

大宝八幡宮では流鏑馬(やぶさめ)神事も行われていた。連写速度が遅い(1.3枚/秒)カメラを持ってきてしまったため、この写真は奇跡の1枚。
 
 
 

砂沼茨城県下妻市

マンホールの蓋にデザインされている「砂沼」の風景。葉桜だが、蓋のデザインと同じ位置に「サクラ」も入れてみた。肉眼では「筑波山」もこの方向にうっすらと確認できたのだが、写真では確認が難しい。(マウスカーソルを乗せると蓋の絵を重ねて表示)
 
 
 

下妻駅

下妻駅。関東鉄道常総線の駅で、下妻市の中心駅。
 
下妻市には一部の層に大人気のマスコットキャラクターが存在するが、その件についてはコメント欄を参照されたし。
 
 
 
関連リンク
  ●公共下水道事業の概要(下妻市ホームページ)
  ●鯛の尻尾を奪い取れさん
  ●悠紀’s缶さん
  ●どら焼き親父写真館さん
 

この記事へのコメント 1件

  1. 駅からマンホール 駅からマンホール より:

    大蛇足。
     
     
    一部の層に大人気の下妻市マスコットキャラクター、シモンちゃんについての情報です。オオムラサキを擬人化したキャラクターで、過去に2度ほど変態を繰り返しています。せっかくいろいろ調べたので、ここに情報を残しておきます。(ここに掲載した情報は下妻市のホームページInternet Archiveなどから取得した公式設定です)
     
     
    シモン
    シモン(一齢成虫)
     

    名 前 シモン
    誕生日 平成11年2月1日(HP開設日)
    3サイズ 秘密
    住 所 小貝川ふれあい公園
    職 業 下妻市のツアーガイド
    趣 味 ネットサーフィン
    性 格 ちょっとおっちょこちょいだけど
    明るい性格
    チャームポイント のびた触角
    好きな物 ポピーの花
    嫌いな物 蜘蛛
     
    3サイズ〔原文ママ〕は秘密です。

     
     
     
    ニューシモン
    ニューシモン(二齢成虫)
     

    名 前 ニューシモン
    誕生日 平成16年3月1日
    スリーサイズ 90-60-86
    住 所 小貝川ふれあい公園
    職 業 下妻市のツアーガイド
    趣 味 ホームページ運営
    性 格 あわてんぼうだけど元気いっぱい
    チャームポイント のびた触角
    好きな物 ポピーの花
    嫌いな物 カマキリ
     
    趣味がホームページ運営て人も珍しいですね。あと嫌いなものが蜘蛛からカマキリになっています。ナイスバディだけど2頭身。

     
     
     
    シモンちゃん
    シモンちゃん(三齢幼虫)
     

    名 前 シモンちゃん

     
     

    小貝川ふれあい公園がふるさと、ということ以外に公式の設定は今のところ存在しないようです。翅の色がオオムラサキの雄の色であることや、市役所の人が「性別は決めていない」という発言をしたことなどから、「実は男の子説」も根強かったり。初登場は平成18年1月で、挨拶は「こんにち!」。

     
     
     
     
    ディズニーアニメに始まり、そのうちアメコミにはまり、最後は日本の萌えアニメに落ち着くというアメリカのヲタクの一生を表現していますね。

コメントをどうぞ

※確認画面はありません