駐屯地の骨董蓋 ~ 大日本帝國海軍


大日本帝國海軍

大日本帝國海軍
 
海軍がシンボルとしていた錨と波のマークが入った小蓋。制水弁の蓋だと思われる。左右に矢印と正方形の突起が二つあるが、左側は「開」、右側は「閉」の字で(逆かも)、内部にあるバルブの開閉方向を示しているようだ。
 
 
 

陸上自衛隊武山駐屯地南門

陸上自衛隊武山駐屯地。この日(5月27日)は東部方面混成団創立記念行事が開催され、駐屯地の一部が一般に開放されていた。
 
 
 

ギラリ海軍蓋

南門を入るとすぐに海軍時代の蓋が見つかった。開放されている範囲(曖昧だったのでどこまで入ってよいのかよくわからなかったけど)に同じ形状の蓋を6枚確認した。
 
 
 

大日本帝國海軍

青く塗られた蓋。
 
 
 

大日本帝國海軍

赤く塗られた蓋。
 
 
 

消火栓

この蓋は地上式消火栓の隣に設置されていた。この消火栓も旧海軍時代から残っているようだ。
 
 
 

自衛隊

自衛隊
 
駐屯地内には自衛隊の桜のマークが入った蓋も数多く設置されていた。この蓋のマークは以前久里浜駐屯地で見つけた丸い蓋とは違って、雄しべ・雌しべの部分が凸になっている。
 
 
 

自衛隊蓋と戦車

自衛隊蓋と戦車。
 
 
 

自衛隊

別タイプの蓋も見つけた。T字地紋が細かくなり、上下の蝶番部とこじり穴の部分にはゴムで栓がされている。公道上では、先に挙げたタイプの蓋は電電公社NTT双方で使われているが、このタイプの蓋はNTTのものしか見当たらないので、この蓋は比較的新しいタイプの蓋なのだと想像される。
 
 
 

自衛隊"

見事な文字蓋。Telephoneの「T」だろうか。もしかすると、桜マークの蓋が使われる前の時代の蓋なのかもしれない。
 
 
 

ぐりぐり写真:迫る戦車
{"src":"http://EkikaraManhole.WhiteBeach.org/images/2012.05.27.0/e.jpg","width":"540","height":"367"}

迫り来る戦車のぐりぐり写真。(ぐりぐり写真: 写真にマウスカーソルを乗せると動かせる)
 
 
 
関連リンク
  ●この日の管理人のつぶやき(Twitter)
  ●自衛隊(駅からマンホール:2012/04/08)
  ●東京湾要塞さん
  ●Digital Artworks TeeART Blog.さん
  ●とくがわのブログさん
  ●kanレポートさん
  ●広島街角探検コレクションさん
  ●海軍水雷学校跡碑(横須賀市ホームページ)