髙島屋セミナー ~ 路上文化遺産・9月10日は下水道の日


髙島屋セミナー

路上文化遺産・9月10日は下水道の日
 
髙島屋友の会会員向けのセミナーで、マンホールの蓋についての講座を受け持ってくれないかというお話を頂き、面白そうなのでやらせて頂くことになりました。記念すべき第1回の講座は、9月9日(金)午前10時30分より2時間の予定で、日本橋髙島屋新館9階の教室で開講されます。友の会会員の方でなくても受講いただけます。(上の画像は友の会の会報誌に掲載した、今回の講座のイメージです。名古屋市下水道科学館の鉄蓋展示場の風景です)
 
自分の趣味の話をさせていただくのにお金を頂くのは少々心苦しいのですが、有料です。友の会会員の方は2,940円、一般の方は3,150円です。他に教材費として150円かかりますが、それよりは少し高価なお土産もつきます。
 
第1回の講座では、路上観察一般の紹介から始め、「なぜ今マンホールの蓋なのか」というテーマを中心に、その様々な楽しみ方をご紹介したいと考えています。また、翌日の9月10日が丁度下水道の日ですので、各地で予定されているイベントの内容を取りまとめ、あわせてご案内したいと考えています。
 
お受けしたからには精一杯やらせて頂きます。お時間にご都合のつく方、冷やかしでも構いませんので是非ご参加ください。お申し込み・お問い合わせは、日本橋髙島屋本館7階の友の会窓口へ直接お越しいただくか、日本橋髙島屋セミナー事務局(03)3246-2175までお電話でご連絡ください。9月9日に当日入金でのご参加も可能ですが、その際は事前にセミナー事務局にお電話いただき、当日キャンセルなしの「予約」が必要とのことです。
 
 
なお、来る8月28日(日)には、Twitterでよくお世話になっている @morimo_tさんがマンホール蓋担当の講師を務める「みちくさ学会」の第2回発表会も行われますので、こちらもよろしくしくお願いいたします。
 
 
 
関連リンク
  ●タカシマヤ友の会
  ●駅からマンホール「髙島屋セミナー」の一覧