サンタランド白神 ~ 青森県岩崎村


青森県西津軽郡岩崎村

青森県西津軽郡岩崎村(現 深浦町)
 
「サンタクロース」がデザインされている。上部には「Santa Land Iwasaki」と書かれているが、これはかつて岩崎村に存在した「サンタランド白神」のことを指している。
 
岩崎村はサンタクロースの本場?であるフィンランドのサンタクロース・フィンランド協会と「サンタランド協定」を結んでおり、フィンランドのラヌア郡と友好都市提携を結んでいた。「サンタランド白神」は、この友好都市提携を機に計画・建設された第三セクターの体験型宿泊施設で、1996年に開業している。ただ、経営難だったため、2008年10月には、世界遺産である白神山地を観光資源とした宿泊施設「アオーネ白神十二湖」に衣替えをしている。
 
なお、岩崎村は2005年3月31日、隣接する深浦町との新設合併により、新しい深浦町になっている。
 
 
 

十二湖駅

十二湖駅。五能線の駅。アオーネ白神十二湖のバスが出ているが、筆者は宿泊するつもりではないので歩いて旧サンタランドを目指した。(乗せてくれと頼んだら喜んで乗せてくれたと思うが)
 
 
 

ふれあい橋

途中、地球に乗ったサンタが欄干の柱になっている橋を渡る。
 
 
 

ふれあい橋

欄干にもサンタの飾り。なお、この地域は世界遺産の白神山地に隣接しており、世界遺産と同様の広大なブナ林を眺めることができる。
 
 
 

アオーネ白神十二湖

旧サンタランドことアオーネ白神十二湖に到着。訪れたのは2009年の8月で、サンタランドを衣替えしてから1年程経っている。
 
 
 

サンタ

施設内にはサンタランドの痕跡も幾つか残っていた。
 
 
 

ルミカレー

売店に入ると、蓋にデザインされているのと同じサンタがパッケージになった「ルミカレー」が売られていた。パッケージにはまだ「サンタランド白神」の文字も入っている。
 
 
 

ルミカレー青森県西津軽郡岩崎村

この商品(パッケージ)も賞味期限が切れる前には無くなってしまうのだろうか。まぁ、どうでもいいんだけれども。
 
 
 

包み紙

お土産の包み紙にもまだサンタが使われていた。繰り返すが、撮影は2009年の8月。真夏でもサンタに会える不思議空間「サンタランド」は、もう存在しない。
 
 
 
関連リンク
  ●きらきらあおもり写真館さん
  ●鯛の尻尾を奪い取れさん
  ●manhole blogさん
  ●どら焼き親父写真館さん
  ●悠紀’s缶さん