下水道ふれあいまつり ~ 相模川流域下水道左岸処理場


相模川流域下水道左岸処理場

相模川流域下水道左岸処理場(柳島管理センター)
 
下水道の日(9月10日)を記念した施設の公開は、酒匂川流域下水道と相模川流域下水道のそれぞれ1施設で行われており、相模川流域下水道では茅ヶ崎市に位置し海に面する左岸処理場で行われた。
 
相模川流域下水道は相模川流域の9市3町(平塚市藤沢市茅ヶ崎市相模原市厚木市伊勢原市海老名市座間市綾瀬市寒川町大磯町愛川町)の区域を対象とした流域下水道で、今回訪問した左岸処理場と、少し上流の平塚市に位置する右岸処理場のふたつの終末処理場を有している。
 
 
 

相模川流域下水道左岸処理場

広大な処理場の屋上には公園が整備されており、こちらでも下水道ふれあいまつりが開催されていた。
 
 
 

相模川流域下水道左岸処理場

管内検査ロボットの操縦が実演されていた。長いケーブルで500m離れた位置から下水管内の検査を行うことができ、その場で回転することもできる最新型なのだそうだ。
 
 
 

相模川流域下水道左岸処理場

処理施設の見学はツアー形式で行われ、案内の方から詳しい説明を聞くことができた。
 
 
 

相模川流域下水道左岸処理場

こちらは下水処理で発生する汚泥の焼却施設。最近では汚泥を火力発電の燃料として再利用するなど、環境への配慮も進んでいる。
 
 
 

相模川流域下水道左岸処理場

相模川流域下水道の蓋。この処理場に展示用の蓋はないのだそうだ。
 
 
 

神奈川県茅ヶ崎市

処理場内には茅ヶ崎市の市章が入った蓋もあった。
 
ちなみに、神奈川県下の自治体27種類の蓋が相模川流域下水道右岸処理場(四之宮管理センター)に展示されていたのだそうだが、施設内の工事に伴い撤去され、現在展示はされずに保管されているだけの状態なのだそうだ。それらの蓋が今後どうなるのかは未定とのことだが、できればどこか一箇所にまとめて展示をしていただきたいと思う。
 
 
 

流域のマンホールの蓋

下水道ふれあいまつりで頂いた冊子には、相模川・酒匂川流域の蓋の写真と、その解説が掲載されていた。これはありがたい。
 
 
 
関連リンク
  ●この日の管理人のつぶやき(Twitter)
  ●酒匂川流域下水道右岸処理場(駅からマンホール:2010/09/11)