下水道にふれあうどころか入っちゃう ~ 小平市ふれあい下水道館


小平市ふれあい下水道館

小平市ふれあい下水道館
 
東京都小平市に立地するふれあい下水道館の案内が貼り付けられている。
 
 
 

小平市ふれあい下水道館

ふれあい下水道館は、1990年度に小平市の下水道普及率が100%を達成したのを記念して造られた小平市の運営する公共下水道管理センター。この日は下水道デーのイベントが行われていた。入館はこの日に限らずいつでも無料。
 
 
 

小平市ふれあい下水道館

展示スペースは地下5階まで続いており、下水道に関する様々な展示が行われている。
 
 
 

小平市ふれあい下水道館

最深部の地下5階は、20m以上も地下になる。
 
 
 

小平市ふれあい下水道館

地下5階の展示スペースには小平市の彩色された蓋も展示されていた。
 
 
 

東京都小平市

市の花「ツツジ」がデザインされた蓋。
 
 
 

東京都小平市

市の木「ケヤキ」と「小平の風景」がデザインされた蓋。デザインは一般公募によるもので、どこかの大学(文化女子大?)からの風景が元になっているのだとか。
 
 
 

東京都小平市

「魚」の泳ぐ様子がデザインされた蓋。
 
 
 

東京都小平市

市の木「ケヤキ」と市の花「ツツジ」の小道を「十二支の動物」が取り囲むデザインの蓋。
 
小平市には下水道関連だけで4種類のデザイン蓋がある。
 
 
 

小平市ふれあい下水道館

展示物も十分興味深いが、ふれあい下水道館の売りはこの体験コーナー。
 
 
 

小平市ふれあい下水道館

内径4.5mの実運用中の下水管の中に入ることができるのだ。地下鉄のトンネル並の広さなのだが、距離感がつかめないせいか、それほど広くは感じられない。
 
 
 

小平市ふれあい下水道館

音の逃げ場の無い下水管の内部には、流れる下水の量の割に轟音が響いていた。下水の臭いが苦手な人にはつらいかもしれないが、他ではできない体験をすることができる。
 
 
 
関連リンク
  ●東京都小平市(駅からマンホール:2007/11/11)
  ●ふれあい下水道館(小平市ホームページ内)
  ●ココロ社さん
  ●月刊 もぐらカメラ(白汚零)さん
  ●壊れた薬缶さん