近藤勇最後の陣屋 ~ 千葉県流山市


千葉県流山市

千葉県流山市
 
市の花「ツツジ」がデザインされている。
 
 
 

千葉県流山市

無彩色の蓋は、「ツツジ」の花が増え、凹凸も逆になっている。
 
 
 

千葉県流山市

こちらは市章と「消防車」がデザインされた消火栓の蓋。
 
 
 

南流山駅

武蔵野線南流山駅。この日(2007年3月24日)は、「近藤勇と小林一茶を訪ねる流山ウォーク」と題された駅からハイキングに参加した。
 
 
 

流山セントラルパーク駅

しばらく歩いて流山セントラルパーク駅へ。開業から1年半経った(撮影当時)つくばエクスプレスの駅だが、駅周辺は閑散としていた。
 
 
 

流山駅

さらに歩いて流山駅へ。「東京近郊にありながらローカル色のある駅」として関東の駅百選に選定されている。流鉄(撮影時は総武流山電鉄)流山線の終端駅だ。流山線は、常磐線の馬橋駅から流山駅までの6駅しかなく、端から端まで5.7kmしかない短い路線だ。つくばエクスプレスの開業により利用者が減少しており、厳しい経営を迫られている。
 
 
 

近藤勇陣屋跡

新選組局長、近藤勇が最後に陣営を敷いたという陣屋跡。

「近藤勇と小林一茶を訪ねる」という触れ込みなのだが、近藤勇については一晩滞在して翌日捕まったのが流山だったというだけ、小林一茶にいたっては友達が流山に住んでいたという程度の関わりあいしかなく、決して「近藤勇と小林一茶ゆかりの地」というわけではないようだ。
 
 
 

近藤勇陣屋跡

しかし、他に特筆すべき史跡や景勝地もないようで、「近藤勇と小林一茶」を前面に出して観光客を呼んでいる。
 
 
 

地酒即売

地酒の即売所。ここでも新選組が大活躍。
 
 
 
関連リンク
  ●千葉県下水道公社
  ●悠紀’s缶さん
  ●進め!マンホールの蓋調査隊さん
  ●鯛の尻尾を奪い取れさん
  ●行先不明さん