提燈祭りの街 ~ 埼玉県久喜市


埼玉県久喜市埼玉県久喜市

埼玉県久喜市(旧)
 
市の木「イチョウ」の葉がデザインされている。
 
追記(2010/07/21)
久喜市は2010年3月23日、菖蒲町、鷲宮町栗橋町との新設合併により、新しい久喜市になっており、現在新しい市章を選定中。この蓋に入っている紋章は旧久喜市の市章になる。
 
 
 

埼玉県久喜市

埼玉県久喜市

同じく市の木「イチョウ」の葉がデザインされた側溝の蓋。
味気ない側溝の蓋も、こうすると街が明るく見える。
 
 
 

埼玉県久喜市

こちらは纒がデザインされた消火栓の蓋。
 
 
 

山車

毎年七月に行われる提燈祭りの山車が公開されていた。
関東最大の提燈祭りなのだそうだ。
 
 
 
関連リンク
  ●る~む335さん
  ●続々定年マジかのおやじ日記さん
  ●悠紀’s缶さん
 

この記事へのコメント 3件

  1. なべ より:

    15日は、私も久喜の駅ハイに参加していました。
    首都圏なのに田園風景がいっぱいでびっくりしました。
    また、イベントの盛り上がりも今一歩のようで、財政も大変な市ではないかと心配しながら帰ってきました。

  2. katsuwo より:

    こんばんは
    TBありがとうございました。
    私も、出張などでよくマンホールの写真を
    撮ってきます。最近は井戸の方が多くなってきましたが。

  3. 駅からマンホール 駅からマンホール より:

    > なべさん
    いつもコメントありがとうございます。
    地方はどんどん活気なくなっているようですね。
    何か明るい話題が欲しいですね。

    > katsuwoさん
    わざわざコメントありがとうございます。
    井戸の手漕ぎポンプも味があっていいですね。

コメントをどうぞ

※確認画面はありません