埼玉県川口市


埼玉県川口市

埼玉県川口市
 
市の花「テッポウユリ」と市の名産品「竹籠」・「竹ざる」の網目模様がデザインされている。この蓋は下水道の日に合わせて一般公開されていた中川水循環センターで撮影した展示用の蓋だが、路上にある蓋の方が状態がよい。
 
 
 

埼玉県川口市

こちらは実際に路上に設置されている「消防士」がデザインされた消火栓の蓋で、2010年11月に撮影したものだ。かっこいいポーズの消防士だが、奥の人はホースも持たず、なんの役に立っているのだろうか?
 
 
 

埼玉県川口市

幾何学模様の消火栓の蓋。地紋の丸の大きさにバラつきがあるように見えるのは汚れのせいで、実際は同じ大きさの丸が並んでいる。下水道展で調査した結果、この地紋の蓋は日本鋳鉄管㈱の製品ということらしい。同じ地紋は東京ガスの蓋によく使われている。
 
 
 

埼玉県川口市

この日(2010年11月)は鳩ヶ谷市の蓋を探しつつ埼玉高速鉄道の鳩ヶ谷駅から新井宿駅を目指して歩いたのだが、道に迷って大変だった。途中変わった建物を見つけたので写真を撮った。これは川口市立グリーンセンターの建物だったようだ。今ではスマートフォンやiPadで地図を確認しながら歩いているので迷うことは少なくなったが、この頃はよく迷っていた。
 
 
 

埼玉県川口市

ようやく辿り着いた埼玉高速鉄道の新井宿駅。かつてこの辺りには日光御成街道が通っており、しかも新井「宿」というからには宿場があったのではと思い調べてみたが、少なくとも江戸時代には既に宿場は無かったらしく、地名の由来はそれ以前、鎌倉街道のあった時代ににまで遡ることができるかもしれない。しかしこれといった記録は残っていないようで、歴史ミステリーの一つとも言える。
 
 
 
関連リンク
  ●この日の管理人のつぶやき (Twitter)
  ●埼玉県川口市(駅からマンホール:2007/09/02)
  ●中川水循環センター(駅からマンホール:2013/10/17)
  ●荒川水循環センター(駅からマンホール:2012/10/13)