ゼロ、ゼロ、ワンダフル ~ 国際電信電話株式会社


国際電信電話株式会社

国際電信電話株式会社(KDD、現 KDDI株式会社)
 
今日は電信電話記念日ということでKDDの蓋を取り上げる。写真は2009年に二宮町で撮影したものだが、斜めT字地紋のちょっと古そうなもの。国際電信電話ことKDDは昭和28年3月に日本電信電話公社(電電公社)から分割されて設立した会社で、日本と海外との国際電気通信・国際電話事業を独占的に扱っていた。ちなみに電電公社の設立が昭和27年8月なので、電電公社の設立から1年も置かずに分割されたことになる。
 
 
 

国際電信電話株式会社

こちらもT字地紋の丸い蓋。
 
 
 

国際電信電話株式会社

中央の社章の周りにイボイボがない蓋もあった。
 
 
 

国際電信電話株式会社

四角い蓋。こちらはイボつき。
 
 
 

国際電信電話株式会社

電力系や共同溝の蓋によく使われる地紋の蓋。中央の社章部分は周囲より1段盛り上がっている。
 
 
 

国際電信電話株式会社

こちらも電力系の地紋(オシロスコープ地紋)の蓋。社章がどことなく可愛らしい。
 
 
 
 

KDD社章      KDDロゴ

ここまで紹介した蓋のマークはKDDIのホームページに「KDD社章」として掲載されている。ただ筆者はKDDと言われると右のロゴが思い浮かぶ。右のロゴも社章なのか、いつから使われているのか、このロゴの入った蓋も存在するのか、興味は尽きない。(† 左の画像はKDDIのホームページ、右の画像はInternet Archiveより引用)
 
ちなみに「KDD」は、Kokusai Denshin Denwa の略。対して、民営化前から電電公社の英文略称として使われていた「NTT」が、Nippon Telegraph and Telephone の略なので、国際電話担当の会社が日本語の略字、国内電話担当の会社(公社)が英語の略字ということになる。ちょっとチグハグ。
 
 
 

蓋の写真ばかりでは華が無いので、KDD設立時に本社が置かれたという三菱21号館の写真を添えておく。丸の内3丁目に立地し、大正3年竣工、昭和38年に解体されている。(† Wikipediaより取得。作者不明、利用許可:パブリックドメイン)
 
 
 
関連リンク
  ●ケイディディ株式会社(駅からマンホール:2013/10/23)
  ●日本電信電話公社(駅からマンホール:2009/10/23)
  ●通信系・下を向いて歩こう!(仮)さん