春のお蓋見情報 2012


春のお蓋見情報 2012
※画像はイメージです。本文とはあまり関係ありません。

春のお蓋見情報 2012
 
日々暖かくなり、春らしくなってきました。各地にある上水道・下水道の施設や、自衛隊・米軍施設などの中には、その広い敷地を活かして桜の木を植えているところもあり、花見のために一般に開放されるところが幾つかあります。どこも普段は予約なしに、しかも土日・祝日に立ち入ることは難しい場所なので、珍しい蓋を見つけることができるかもしれない数少ないチャンスです。蓋を眺めてついでに花見もできる、今回はそんな施設をピックアップしてみました。なお、来年以降も同時期に開放される可能性が高いので、来年に活かせるよう既にイベントを終了してしまった施設の情報も掲載しています。
 

東京国立博物館
上野公園にある東京国立博物館では毎年春と秋に庭園が開放されますが、今シーズンの春の庭園開放では3月10日から4月15日の期間で開放されています。宮内省のマークが入った制水弇の蓋があるそうです。
米海軍横須賀基地
既に終了してしまいましたが、3月25日に「日米親善よこすかスプリングフェスタ 2012」が開催されました。
和田堀給水所
世田谷区にある和田堀給水所では、4月1日~11日まで施設の一部が開放されます。当初は4月8日までの予定でしたが、桜の開花が遅れていることから期間が延長されています。
虹の下水道館
お台場にある東京都下水道局の広報施設、虹の下水道館では、4月1日より企画展「マンホール展」が開かれます。
清瀬水再生センター
平日ですが、4月4日に「お花見2012」が開催されます。
砂町水再生センター
江東区にある砂町水再生センターでは、4月5日~7日に「桜を観る会」が開催されます。
三河島水再生センター
荒川区にある三河島水再生センターでは、4月6日・7日に、「さくら観賞会」が開催されます。国の重要文化財にも指定されている旧三河島汚水処分場喞筒場も間近で見ることができます。
米陸軍キャンプ座間
戦前には陸軍士官学校が置かれていた米陸軍キャンプ座間では、4月7日に「在日米陸軍キャンプ座間桜まつり」が開催されます。
陸上自衛隊久里浜駐屯地
4月7日・8日に「久里浜駐屯地桜まつり」が開催されます。
金町浄水場
葛飾区にある金町浄水場では、4月7日・8日の「柴又さくらまつり」と同期間に開放されます。
東村山浄水場
4月7日~15日まで開放されます。下記関連リンクの情報では4月1日~8日までと掲載されていますが、開花が遅れる見込みのため後日変更されています。
陸上自衛隊練馬駐屯地
練馬区にある陸上自衛隊練馬駐屯地では、4月8日に「第1師団創立50周年練馬駐屯地創立61周年記念行事」が開催されます。
小菅水再生センター
平日ですが、葛飾区にある小菅水再生センターでは、4月10日に「桜を楽しもうin小菅」が開催されます。
浮間水再生センター
北区にある浮間水再生センターでは、4月21日に「下水道ふれあいフェア」が開催されます。
中川水再生センター
足立区にある中川水再生センターでは、4月22日に「八重桜を見る会」が開催されます。
陸上自衛隊武山駐屯地
少し先ですが、5月27日に「東部方面混成団創立記念行事」が開催されます。

 
 
他にも同様のイベントが数多く開催されているものと思われますので、事前・事後の別を問わず、全国の施設の開放情報を募集します。珍しい蓋がありそうな施設の情報がありましたら、是非コメントやメールなどで情報をお寄せください。戦果報告も大募集です。(ブログコメントのSPAM判定が厳しいようで、URLを含むコメントが高確率でSPAM判定されてしまうようです。もしコメントが投稿できないようでしたら、「http://」の部分を削るなどしてみてください。お手数をおかけして申し訳ありません。)
 
 
 
関連リンク
  ●来館案内 庭園・茶室(東京国立博物館)
  ●水道ふれあいお花見広場・浄水場施設見学会(東京都水道局)
  ●「さくら観賞会」のご案内(東京都下水道局)
  ●春のイベント案内(東京都下水道局)
  ●虹の下水道館 企画展「マンホール展」(Twitter)
  ●日米親善よこすかスプリングフェスタ(横須賀市観光情報)
  ●在日米陸軍キャンプ座間桜まつり(相模原市観光協会)