福島県郡山市


福島県郡山市

福島県郡山市
 
左上から時計回りに、市の花「ハナカツミ」、市の木「ヤマザクラ」の花、市の鳥「カッコウ」がデザインされている。図柄を3つに分けているメルセデスベンツのマークのような区切り線は、「山」の字を図案化した郡山市の市章だ。
 
なお、市の花に指定されている「ハナカツミ」とは、ツチノコのような、あるいはゴダイゴが歌うガンダーラのような幻の花なのだそうだが、郡山市ではこの幻の花をアヤメ科の植物「ヒメシャガ」ということにして市の花に指定している。
 
 
 

福島県郡山市福島県郡山市

こちらは単色で彩色された蓋。小さい蓋の「カッコウ」の表情が何ともいえない。
 
 
 

福島県郡山市 福島県郡山市

さらに小型の蓋。どちらも単色で彩色されているが、凹凸が異なっている。あと左側の蓋の「カッコウ」の目が大きすぎる。
 
 
 

福島県郡山市

こちらは彩色されていない蓋。彩色された蓋とは凹凸が異なっている。
 
 
 

福島県郡山市

市章の入った古そうな蓋。穴の数と配置は名古屋市型模様の蓋と同じだが、各ブロックの間に隙間が入った独特のデザインだ。
 
 
 

歩く鳥?

郡山駅周辺で見つけた鳥?のオブジェ。筆者は芸術についての造詣は全く持ち合わせていないが、こういうのは大好きだ。
 
 
以上、撮影は全て2009年10月。
 
 
 
関連リンク
  ●福島県郡山市(駅からマンホール:2011/09/22)
  ●鯛の尻尾を奪い取れさん
  ●歩鉄の達人さん
  ●るるぷぅAizuさん
  ●日本マンホール蓋学会さん
  ●マンホール博物館さん
  ●あふれる笑顔・爽やかな日々さん