路上の文化遺産 ~ 光明電氣鐵道株式會社


光明電氣鐵道株式會社

光明(こうみょう)電氣鐵道株式會社
 
中央にレールの断面を意匠としたような紋章が入っている古そうな蓋。この蓋は東海道線磐田駅前に設置されている。この蓋について筆者は、戦前のほんの一時期にこの地を走っていたという幻の電気鉄道、光明電氣鐵道の蓋ではないかと推測している。
 
この蓋の詳細について、先日の静岡○ごとワイド!の番組スタッフの方にも少し調べていただいたのだが、磐田市埋蔵文化財センター職員の方もご存じなかったとのことで、もしかすると筆者が第一発見者なのかもしれない。
 
 
 

磐田駅

磐田駅北口。蓋は左側に見える「くれたけインいわた」の看板の前に設置されている。正確な設置場所はマンホールマップで確認できるが、人通りのとても多い場所だ。磐田駅の利用者は1日あたり約8,000人とのことなので、少なく見積もっても毎日数千人程度に踏まれているのではないかと思う。しかし、誰も気がついていないようだ。
 
磐田駅は明治22年に中泉駅として開業し、昭和17年に磐田駅へと改称されているが、光明電氣鐵道はその中泉駅に隣接して建てられた新中泉駅を起点としていた。
 
 
 

光明

蓋中央の意匠部分を拡大。中央のレール断面を取り巻く紋は中陰松皮菱と呼ばれるもので、この紋は「中陰松皮菱に軌条」と呼べそうだ。中陰松皮菱は4つの稲妻にも見えるので、電車(電気を動力とする鉄道)を動かす鉄道会社の紋章の構成要素として使われることも多いようだ。そしてさらにその外側を「光明」の文字が囲んでいるように見える。(マウスカーソルを乗せると「光明」の部分を強調表示)
 
 
 

二俣町駅

こちらは二俣町駅の開通祝いの様子を撮影した写真。神田公園前駅と二俣町駅間が開業した、昭和5年の撮影ではないかと思われる。(写真は磐田市埋蔵文化財センターの提供で、静岡○ごとワイド!のロケの際に撮影させて頂いたものです)
 
光明電氣鐵道は大正15年4月に半ば強引に起工、資金がなかなか集まらずに工事は遅れ、昭和3年11月に新中泉駅と田川駅間が開業した。最終的に写真の二俣町駅まで延伸・開業され、その先の工事も行われていたが、昭和10年1月には料金滞納による送電停止により全線が運転休止となり、同年中に全区間廃止、昭和14年には会社も解散されている。電車が走っていたのは約6年半のみで、幻の鉄道と呼ばれる所以である。
 
 
 

二俣町駅舎とホーム

こちらは終点となっていた二俣町駅の駅舎とホーム。送電線も見える。設立時はここからさらに北にあった光明村(現 浜松市)までを繋ぐ予定で、会社名もその光明村からとっており、経営が厳しい中工事もほとんど完了していたようだが、結局開業するには至らずに廃業して未成線となっている。(写真は磐田市埋蔵文化財センターの提供で、静岡○ごとワイド!のロケの際に撮影させて頂いたものです)
 
 
 

車内風景

当時の車両内の風景。写真撮影が一大イベントだったようで、皆できる限りのお洒落をしている様子が伝わってくる。(写真は磐田市埋蔵文化財センターの提供で、静岡○ごとワイド!のロケの際に撮影させて頂いたものです)
 
 
 

起工式

こちらは起工式の様子。大正15年の撮影だと思われる。この写真で注目すべきは後方に見える「祝・起工式」の看板だ。(写真は磐田市埋蔵文化財センターの提供で、静岡○ごとワイド!のロケの際に撮影させて頂いたものです)
 
 
 

光明電氣鐵道光明電氣鐵道

看板部分を拡大。蓋に入っている「中陰松皮菱に軌条」の紋、さらに丸と四角の違いがあるものの、その紋を「光明」の文字が取り囲むデザインがはっきり写っている。この蓋が光明電氣鐵道のものであることは確実のようだ。
 
 
 

沿線案内(表紙)

こちらは磐田市立図書館所蔵の「光明電氣鐵道 沿線案内」。図書館の普通の蔵書であり、誰でも閲覧することができる。
 
 
 

沿線案内

沿線の様子が絵巻物のように描かれている。手前に見えるのは天竜川で、奥に富士山も見える。左側には秋葉山・光明山に秋葉神社、中央付近には獅子ケ鼻公園、右側には駿河湾に海水浴場と、沿線の名所が所狭しと描き込まれている。
 
 
 

沿線案内(新中泉駅周辺)

新中泉駅周辺、現在の磐田駅周辺の様子。東西を走る東海道本線はまだ電化されておらず、機関車が煙を上げながら走っている様子が描かれているが、光明電氣鐵道の線路を走っている車両は電車で、パンタグラフも見える。天竜川の対岸を走っていた遠州電氣鐵道、現在の遠州鉄道が当時既に電化されていたが、この時代に電化された地方路線というのは珍しかったようだ。
 
 
 

天竜二俣駅

天竜浜名湖線、天竜二俣駅。開業は光明電氣鐵道廃線後の昭和15年4月だが、天竜浜名湖線のこの駅付近の鉄道用地は光明電氣鐵道の廃線跡地を転用している。
 
 
 

二俣口駅跡

天竜二俣駅に隣接する空き地には、古い(といっても戦後の)車両が保存されているが、この辺りももともとは光明電氣鐵道の廃線跡地で、この写真の右奥に見える薄緑色の建物の前には光明電氣鐵道二俣口駅のプラットホームも残っている。
 
 
 
関連リンク
  ●この日の管理人のつぶやき(Twitter)
  ●この記事に対する反応(Twitter)
  ●光明電気鉄道(Wikipedia)
  ●山さ行がねがさん
  ●街と鉄道さん
  ●静岡ふるさと発見マガジン「トリップ」さん
  ●09 Photo-Railさん
  ●磐田のお宝見聞帳さん
  ●日本鉄道切符公園さん
  ●トリップ管理人の部屋さん
  ●“Phi”がつれづれなるままに書くブログさん