東海道日坂宿 ~ 静岡県掛川市


静岡県掛川市静岡県掛川市

静岡県掛川市(日坂(にっさか)宿)
 
「東海道」を「駕籠(かご)」で移動する様子がデザインされている。日坂宿は東海道の江戸から数えて25番目の宿場町で、マンホールの蓋も専用のデザインになっている。
 
 
 

日坂宿 藤文

日坂宿に残る元商家の建物「藤文」。その奥に元旅籠(はたご)の建物「萬屋(よろずや)」も見える。日坂宿には旧家・旧旅籠が数軒現存・保存されており、規模は小さいが宿場町の雰囲気を楽しむことができる。
 
なお、さらに奥に見える緑色の高架は国道1号線。鉄道(東海道線)は東海道の三大難所であった「小夜の中山」を迂回して4kmほど南側に敷設されたが、国道1号線は旧東海道に沿って整備されている。
 
 
 

日坂宿の高札場

日坂宿の高札場。幕府や藩の定めた法令や禁令を板札に墨書きしたものを高札、その掲げられた場所を高札場といい、この高札場は天保年間のものを復元したのだそうだ。
 
 
 

日坂宿本陣跡

日坂宿本陣跡。敷地は幼稚園として利用されているようだった。
 
 
 
関連リンク
  ●この日の管理人のつぶやき(Twitter)
  ●静岡県掛川市(秋葉路)(駅からマンホール:2010/10/26)
  ●静岡県掛川市(駅からマンホール:2010/10/25)
  ●静岡県掛川市(駅からマンホール:2010/08/27)
  ●かきくけこ人生さん
  ●悠紀’s缶さん
  ●YMのツボさん