バスケの街 ~ 秋田県能代市


秋田県能代市

秋田県能代市
 
月遅れの七夕に行われる「ねぶながし行事(役七夕)」の「シャチ流し」がデザインされている。
 
 
 

秋田県能代市

こちらは「カモメ」がデザインされた上水道の蓋。能代市は2006年3月21日に二ツ井町との新設合併により新たに能代市となっているが、この蓋に入っている紋章は旧能代市の市章だ。また、旧能代市の鳥が「カモメ」だったが、新能代市の花・木・鳥はまだ決定されていないようだ。
 
 
 

能代駅

能代駅。五能線の駅。隣の東能代駅には奥羽本線が通るが、市街地にあるのはこちらの駅だ。そのため東能代駅-能代駅を往復するだけの区間列車が多く設定されている。市街地に幹線である奥羽本線が通らなかったのは、奥羽本線を敷設する際に地域の反対運動があったことが理由のようだ。
 
 
 

能代駅

能代駅のホームにはバスケットゴールが設置されている。能代市は全国大会での優勝回数が60回近いという能代工業高校のバスケットボールでの活躍が有名で、市でも「バスケの街づくり事業」を推進しているという。
 
 
 

山王工業高校

能代工業高校は、井上雄彦の「SLAM DUNK」に登場する「山王工業高校」のモデルにもなっている。(集英社ジャンプ・コミックス「SLAM DUNK」第25巻、「#217 夜明けの天才」より)
 
 
 
関連リンク
  ●能代でらっと情報さん
  ●マンホール友の会さん
  ●鯛の尻尾を奪い取れさん
  ●TAKESHI’S ALBUMさん