東洋一の湧水量・柿田川湧水群 ~ 静岡県清水町


静岡県駿東郡清水町

静岡県駿東郡清水町
 
町を流れる「柿田川」と「眼鏡橋」、後ろに「富士山」がデザインされている。
 
静岡県には最近まで清水市という市が存在したが、この清水町と特に関係はないようだ。こちら清水町には海も無く、「次郎長」や「ちびまるこちゃん」を探してもおそらく見つからないのでご注意を。
 
 
 

眼鏡橋

マンホールの蓋にデザインされている「眼鏡橋」。正式名称は(旧)柿田橋で、1909年、丁度100年前に架橋された。ご覧のように現在では使われていない。上に見える橋が現在の柿田橋。
 
柿田川は富士山の湧水のみで構成される清流で、全長約1.2kmと短いが、日本三大清流の一つに数えられている。(他は長良川と四万十川)
 
 
 

柿田川

清流ということで、早速水中撮影。確かに綺麗な水だ。湧水が起源なので水温は季節を問わず15℃で一定なのだそうだ。井戸水と同じで夏は冷たく、冬は温かい。でも冷たかった。
 
 
 

柿田川公園

水源周辺は「柿田川公園」として整備されている。
 
 
 

柿田川公園

柿田川公園第二展望台から見える湧水口。柿田川湧水群の湧水量は日に70万トンから100万トン程で東洋一を誇るのだそうだ。
 
 
 

柿田川湧水群

こちらは第一展望台から見ることのできる湧水群。ここから突然川が始まる。
 
 
 
関連リンク
  ●悠紀’s缶さん
  ●マンホール博物館さん
  ●鯛の尻尾を奪い取れさん
  ●る~む335さん