東洋一の大銀山、院内銀山 ~ 秋田県湯沢市


秋田県湯沢市秋田県湯沢市

秋田県湯沢市
 
院内銀山の「御幸坑」がデザインされている。
 
 
 

秋田県湯沢市

こちらは湯沢市の市章が入った仕切弁の蓋。
 
 
 

院内銀山御幸坑秋田県湯沢市

蓋にもデザインされている「御幸坑」。(マウスカーソルを乗せると蓋の絵を重ねて表示)
 
 
 

院内銀山御幸坑

御幸坑は元々五番坑と呼ばれていたのだが、明治天皇が東北巡幸で立ち寄ったことにちなみ、御幸坑と呼ばれるようになったのだそうだ。東洋一の大銀山であった院内銀山の周辺には、数万人の人々が住み働いていたのだそうだが、現在は無人の山になっている。縦抗であるため、佐渡金山のような史跡としての観光地化も難しいと、地元の人がぼやいていた。
 
 
 
関連リンク
  ●月刊下水道さん